結婚式準備

新たな結婚式トレンド「フォトウェディング×ライブ配信」で “やりたい”を叶えよう

結婚を控えるカップルの中には、フォトウェディングで思い出を残す人も多いです。結婚式ほど費用がかからず、屋外撮影や少人数ならコロナ禍でも安心して行えるため、近年のフォトウェディングの人気が高まっています。

しかし写真に残せても、結婚式のように大切な人たちに直接晴れ姿を見せられないのがフォトウェディングのデメリット。そこで新たな結婚式のスタイルとして「フォトウェディング×結婚式のライブ配信」が登場しました!

コロナ対策で対面や接触を控えつつ、遠方からでも気軽に参加してもらえる「オンライン結婚式」はすでに知っているカップルも多いでしょう。

あわせて読みたい
結婚式もリモートに。新たなスタイル【オンライン結婚式】とは?アフターコロナの新たな結婚式のスタイルとして、「オンライン結婚式」がいま人気を博しています。 2020年6月には、お笑いコンビ・バ...

そんなオンライン形式のライブ配信とフォトウェディングの組み合わせには、どんな魅力があるのでしょうか。

「フォトウェディング」という選択肢

フォトウェディングとは、結婚式をしない代わりに、ドレスやタキシードを着て、屋外やスタジオ、チャペルなどで写真撮影を行うこと。

新型コロナウイルス感染症が広がる中での結婚式はリスクが高いという理由で、新郎新婦のみで行うフォトウェディングを選ぶ人も増えています。

美しい姿を写真に残しておけますし、実際にチャペルで参列者がいなくても自分たちだけの式を挙げることができます。コロナ禍の今、結婚式の代替案として選ばれるのも納得できますね。

フォトウェディングが向いているのは次のようなカップルです。

  • 盛大な結婚式は挙げなくても良い
  • 写真だけでもしっかり残しておきたい
  • とにかく思い出を作りたい
  • 結婚式費用を抑えたい
  • 結婚したと実感できることをしたい

次のトレンドは「フォトウェディング×ライブ配信」!?

「フォトウェディングも素敵だけど、大切な人たちに晴れ姿をしっかり見せたい……」

そんな人も多いはず。「本来はゲストを呼んで結婚式を挙げたかった」という思いを諦めつつある新郎新婦におすすめしたいのが、「フォトディング×ライブ配信」です。

簡単に言えば、フォトウェディングで撮影をしつつ、結婚式の様子をライブ配信する新しいスタイル。

実際に「フォトディング×ライブ配信」で写真を残しつつ、ゲストに見守られながら結婚式を挙げるカップルも近年増えおり、これからの結婚式トレンドになるでしょう。

「フォトディング×ライブ配信」には3つの開催形式があります。

撮影当日、挙式・披露宴を行うスタイル

フォトウェディングで前もって写真や動画撮影を行い、その直後に挙式・披露宴をライブ配信で開催するスタイルです。

次のようなスケジュールで進めます。

  1. 写真撮影・動画撮影(フォトウェディング)
  2. 休憩・メイク直し
  3. 挙式(ライブ配信)
  4. 休憩・メイク直し
  5. 披露宴(ライブ配信)
  6. 着替え・解散

最初に撮影を行うのは、メイクや衣装が一番キレイな状態で撮れるから。撮影した写真や動画をその直後のライブ配信でも活用できるという理由もあります。

ライブ配信では前撮りができない分、前もってフォトウェディングで撮影できるのは魅力。

ライブ配信なら結婚式の時間を大幅に短縮できるので、1日でまとめて行っても疲れにくいというメリットもあります。

後日、挙式・披露宴を行うスタイル

フォトウェディングで撮影を行ったあと、日を開けて後日挙式・披露宴をライブ配信するスタイルです。

次のようなスケジュールで進めます。

  1. 5月1日 写真撮影・動画撮影(フォトウェディング)
  2. 解散:撮影した素材のレタッチ、編集、
  3. 5月21日 挙式(ライブ配信)
  4. 休憩・メイク直し
  5. 披露宴(ライブ配信)
  6. 着替え・解散

1日で全部詰め込むのが大変な場合は、こちらのスケジュールがおすすめ。

撮影した写真・動画を編集したり、招待状に使ったり、ライブ配信時の壁紙に使ったりする時間があるのがポイントです。いわば、フォトウェディングが前撮りの役割。

期間は2週間〜4週間空けるので、そもそも結婚式を行うのか、行うならリアル結婚式にするかライブ配信にするかを、世の中の状況を見ながら判断することも可能です。

ライブ配信の結婚式にするなら、後で紹介するWEB招待状がスピーディーに発送できて便利ですよ。

あわせて読みたい
コロナ時代の結婚式、招待状の最新トレンドは【WEB招待状】!?ようやく街に人が戻ってきて、賑わいを見せるようになりました。コロナ禍により結婚式を諦めていた多くのカップルも「with コロナ」を意識し...

その場で中継スタイル

ライブ配信を行いながら、フォトウェディングを進めるリアルタイム中継スタイルもあります。

  1. 軽く撮影
  2. 挙式(ライブ配信)
  3. 休憩・メイク直し
  4. 披露宴(ライブ配信)
  5. 着替え・解散

※すべて撮影をしながら進める

フォトウェディングとライブ配信を同時進行するので、全体を通して常に撮影カメラが入っている状態です。

ライブ配信は基本的にリアル結婚式のようにカメラマンが入りません。カメラマンがついていることで、リアル結婚式っぽさが出ますよね。

ただし、撮影に集中している間はゲストのおもてなしができない状態なので、ゲストが飽きない対策が必要です。

あわせて読みたい
オンライン結婚式を余興で盛り上げよう!新郎新婦・ゲストが楽しめる演出アイディア少しずつ認知が広まっている「オンライン結婚式」。オンライン飲み会のように、参加者が全国に散らばっていても開催できることが魅力です。 ...

YouTube配信のように一方的に見てもらう配信形式であれば、ゲストは顔が映らないので正装の必要もなく、よりカジュアルで気軽に見てもらいやすいという利点があります。

結婚式のライブ配信にはWEB招待状が超おすすめな理由

結婚式をライブ配信するなら、招待状はぜひWEB招待状を選びましょう!オンラインに限らず、最近はリアル結婚式でもWEB招待状が選ばれているんですよ。

紙の招待状よりもWEB招待状がおすすめな理由をご紹介します。

BiluceのWEB招待状

作成・発送の手間や費用がかからない

WEB招待状の作成から発送まで、スマホ1台あれば完結します。紙の招待状のように作成や発送・返信に手間がかりません!

従来のリアル結婚式ではトータルで200万円〜300万円かかっていましたが、フォトウェディング+ライブ配信+WEB招待状で、費用もかなり抑えられるでしょう。

一例ですが、大体の内訳は次のようになります。

フォトウェディング 5万円〜30万円
ライブ配信(※1) 0円〜40万円
WEB招待状(※2) 0円
トータル 5万円〜70万円

※1ウェディング事業者のライブ配信サービスを利用した場合
※2事前決済を利用しない場合

衣装をどこで借りるか、どこで配信するか、どこまでオプションを付けるかなどによって左右しますが、トータル費用はリアル結婚式と比べてもかなりお手頃。

事前決済を利用せず、WEB招待状を作成してゲストに送るだけなら費用は0円!まずは無料で作ってみる、なんていうのもアリです。

BiluceのWEB招待状

豊富なデザインでオリジナルWEB招待状を作れる

BiluceのWEB招待状の場合、70種類以上の豊富なデザインが用意されています。自分たちのイメージにあったテンプレートを選び、さらに自分の写真や動画を入れてオリジナルの招待状にできますよ。

もしフォトウェディングで叶えたいイメージがあれば、そのイメージに合うデザインがきっと見つかるはず。

事前にフォトウェディングを行うスタイルなら、撮影した写真や動画をWEB招待状に活用することもできますよ。

あわせて読みたい
WEB招待状のデザイン・使い方とは?【Biluce公式LINE】でチェック!「WEB招待状って最近聞くけど、どんなデザインがあるの?」 「WEB招待状には結婚式以外にどんな使い方があるの?」 これから招待...

フレキシブルな対応・スピーティーに送信

開催ギリギリまでどんな結婚式にするか迷っているとき、感染状況をふまえてフレキシブルに対応できるのが強み。

WEB招待状なら最短で結婚式の2週間前に送信すれば間に合うため、急遽ライブ配信が決まってもOK!また、招待状の作成は10分(こだわる人でも30分)もあれば完成します。

また、出欠の返事は招待状に記載されているリンクから行えます。返信はがきに記入したり、はがきを投函しに行く必要もなく、ゲストの手間を削減。

WEB招待状は新郎新婦側にも、ゲスト側にも優しいサービスなのです。

ご祝儀を簡単に回収

WEB招待状には事前決済システムがついており、クレジットカード決済でご祝儀や会費を簡単に回収できます。

リアル結婚式であればご祝儀を会場に持っていけば良いのですが、ライブ配信だとそういうわけにはいきませんよね。

ご祝儀を書き留めや振込で送ってくれるゲストもいますが、WEB招待状の事前決済を利用する方が簡単。

ご祝儀袋や新札に交換するというゲストの手間がなくなりますし、ペーパーレス化でエコにも繋がります。

事前決済システムにかかる手数料は、新郎新婦負担・ゲスト負担から選べますが、ゲストの手間を大幅に減らせるため、ゲスト負担を選んでいる新郎新婦がほとんどです。

結婚式前にトータルのご祝儀額がわかり、予算を調整したり結婚式費用に充てたりすることもできますよ。

あわせて読みたい
結婚式のゲストにWEB招待状の事前決済システムが選ばれている理由紙の招待状を受け取り、結婚式にお呼ばれされるーー。それが従来の流れでしたが、最近は紙ではなく、デジタル形式の「WEB招待状」が送られる人...

フォトウェディングができるサービス

最後にフォトウェディングができるサービスをご紹介します!

どこにもないウェディング|D.Wedding

どこにもないウェディングは、結婚式を行えるフォトウェディングプランを提供しています。

大阪や兵庫、神戸などのおしゃれなスポットでスタジオ撮影・ロケーション撮影が可能。ホームページではプラン内容と利用料金が記載されているので、じっくり比較しながら検討できますよ。

どこにもないウェディング|D.Wedding

ワタナベウェディング

国内外でのリゾートウェディングなどを提供しているワタナベウェディングでは、フォトウェディングプランが用意されています。

国内・海外のロケーションフォトからスタジオフォト、チャペルフォトなど、写真に残したいシチュエーションに合わせて選べるのが魅力です。

ワタナベウェディング|フォトウェディングプラン

フォトウェディングと結婚式ライブ配信で“やりたい”を叶えよう!

フォトウェディングだと、ゲストと関わる機会がない。ライブ配信だと、素敵なウェディングドレス姿をキレイに写真に残せない。

それぞれ諦めなければいけない部分は出てくるもの。しかし、あえて組み合わせてしまうことで両方のデメリットを補いながら、両方のスタイルを楽しむことができます。

「フォトウェディング×ライブ配信」で、あなたの“やりたい”を叶えましょう!

合わせてWEB招待状を活用することで、結婚式の準備をスムーズに進めることもできますよ。

WEB招待状は『Biluce』

WEB招待状『Biluce』には、おしゃれなデザインと使いやすい機能が充実。ご祝儀をクレジットカードで事前決済できるため、ゲストは結婚式にご祝儀を持参する手間が省けますよ。

そして何より便利なのが、スピーディーに作成して送れること。ゲストからの返信も簡単手間なしで、出欠のやりとりがオンライン上で完結します。ぜひWEB招待状『Biluce』を活用してみてくださいね。

結婚式・二次会のWEB招待状ならBiluce(ビルーチェ)