結婚式の招待状

WEB招待状には何を書く?記載する項目を見てみよう

結婚式の準備で大変なことといえば、ペーパーアイテムの作成!中でも招待状の手作りは時間もお金もかかりますよね。

そこで最近話題になっているのがWEB招待状です。おしゃれな招待状が作れて、かつ送るのも返事をもらうのも簡単!

とはいえ、注目されはじめたばかりの招待状形式のため、何を書けばいいのかわからない人も多いでしょう。今回は、そんなWEB招待状に記載する項目を見ていきましょう!

WEB招待状とは?

従来、結婚式や披露宴をする際には紙の招待状を送ることが慣例でした。ただ紙の招待状だと、紙代・印刷代・切手代などの費用がかさみやすく、かつ手作りするとなると時間もかかります。

一方でWEB招待状は、WEB上で作成し、メールやLINEを通してゲストに送信するだけ。そしてゲストも結婚式への参加・不参加をWEBで知らせ、ご祝儀・会費もWEB決済をします。

WEB上で招待・参加・ご祝儀のやり取りを完結できるため、紙の招待状にかかっていた金銭的・時間的コストを大幅に削減できるのです。

では、WEB招待状を使うシーンやメリット・デメリットも一緒に見ていきましょう。

WEB招待状が使われるシーン

WEB招待状は紙などの材料を用意することなく、いつでも手軽に作成できるもの。主に次のようなシーンで使われます。

  • リアル結婚式
  • オンライン結婚式
  • 二次会
  • 1.5次会
  • 結婚報告会

すぐに簡単に作れるからこそ、結婚式から二次会、さらにカジュアルな結婚報告会への招待にもピッタリ!

最近ではコロナ禍によりリアル結婚式が難しくなり、オンライン結婚式を挙げるカップルも増えていますが、そんなオンライン結婚式にこそWEB招待状が活躍してくれるはずです。

WEB招待状のメリット

WEB招待状には次のようなメリットがあります。

  • 紙の招待状よりも簡単に作成できる
  • 紙の招待状よりも費用をグッと抑えられる
  • 発送や返信の手間や切手代がかからない
  • デジタルだからこその機能がある
  • 住所がわからなくても連絡先がわかれば送れる
  • ゲストの住所管理が不要

「デジタルだからこその機能」とは、出欠管理機能やご祝儀・会費の事前決済機能などのこと。ゲストは自分に届いたWEB招待状のリンクから出欠可否を返信できますし、現金のご祝儀を用意する必要もありません。

関連記事:【コロナ対策】受付・決済はリモートで!安心・安全な結婚式を開催するための選択肢

またWEB招待状の送り方は、メールやLINE、SNSのDMなど。ゲストの住所を聞く手間も省け、面倒な住所管理が必要なくなります。

招待状作成にかけていた膨大な時間を、結婚式の他の準備やパートナーと過ごす大切な時間に使えますね。

WEB招待状のデメリット

逆に、WEB招待状だからこそのデメリットもあります。

  • インターネット環境のない人には送れない
  • スマホ操作等に慣れていない人にはサポートが必要
  • 立場的に送って良い相手かを判断する必要がある

結婚式の招待に関するやり取りがWEBで完結するため、当たり前ですがインターネット環境のない相手や、スマホ操作、PC操作が苦手な相手には向かないかもしれません。

一番気を付けたいのが、WEB招待状を送る相手と自分の立場。たとえば目上の親族や上司、取引先の方など「カジュアルに接するのが難しい」「無礼を働いてはいけない」そんな相手にWEB招待状を送るのは躊躇しますよね。

上記のような相手を招待する場合には、WEB招待状と紙の招待状の送り分けも検討しましょう。

WEB招待状に記載する項目

いざ、WEB招待状を作成!……と思っても、紙の招待状とはどう違うのか?どんな項目を記載すればいいのか?と迷う人も多いですよね。

そこで、ここでは「必須項目」とあると便利な「追加項目」の2つに分けて、記載事項をご紹介します。招待状作成の参考にしてみてください。

【必須項目】これだけは載せておこう

WEB招待状がきちんと「招待状」としての形で機能するために、次の項目は載せておきましょう!

  • 画像や動画
    招待状のメイン画像や動画です。WEB招待状ではテンプレートが決められていますが、トップ部分に載せる画像・動画でイメージがガラリと変わります。とっておきの1枚を選びましょう!
  • 挨拶文・案内文
    ゲストへ「結婚することになった」と挨拶をしたうえで、結婚式・披露宴の案内や参加のお願いをします。例文が用意されていますが、自分たちで手を加えてオリジナルの文章にすることも。
  • 送付日・差出人
    招待状の送付日を記載します。具体的な日時というよりかは「2021年6月吉日」のように「吉日」と記載するのが基本です。また差出人名は「誰が主体の結婚式か」で、新郎新婦または両親の連名になることもあるので、事前に確認を。
  • 日程・会場
    結婚式の日程と会場名、会場の住所(オンラインの場合は使用ツールとURL)を記載します。加えて、受付時間・挙式時間・披露宴の開始時間なども載せておくと親切です。
  • 返信期日
    WEB招待状はカジュアルゆえに、返信が後回しにされやすいもの。そこで返信期日を指定しておくだけでも、ゲストの返信し忘れを防げますよ。
  • 出欠連絡フォーム

招待状の一番下、またはわかりやすい位置に、出欠連絡フォームにつながるボタンを設置しましょう。ビルーチェを含め、ほとんどのWEB招待状にはこのフォームが付いています。

  • ご祝儀決済フォーム
    会費・ご祝儀をいただく場合には、決済フォームも必要。ビルーチェのWEB招待状では事前決済機能のON/OFFを切り替えられますが、ほとんどの新郎新婦さまが利用しています。

【追加項目】あると盛り上がる!

上記項目に加え、オリジナルで楽しい結婚式にしたいときには次の項目もあると便利&ゲストに親切です。

  • 新郎新婦プロフィール
    新郎側のゲストは、新婦のことを知らないもの。その逆も然りです。そこで新郎新婦のプロフィールを簡単に載せておくと、ゲストは親近感を持て結婚式に参加できます。プロフィール記載欄がない場合には、画像を設定して入れるのもいいですね。
  • ドレスコード指定
    「赤いもの」「花」などちょっとしたドレスコードを指定すると、結婚式に一体感が生まれて盛り上がります!備考欄への記載でOK。
  • アレルギーの有無確認
    料理を出すならゲストのアレルギーの有無も必ず確認しておくこと!出欠返信の回答フォームで設定できますよ。
  • ゲストからの画像
    ビルーチェWEB招待状では、ゲストから出欠返信の際、画像を設定してもらうことができます。思い出の写真からお祝いの言葉までを集めて、結婚式当日に飾るのも素敵ですね。

実際に作成されたWEB招待状の例を見てみよう

「WEB招待状って、どんなものができるの?」

実際に作ってみないことには、そんな疑問が残る人も多いはず。そこで最後に、実際のWEB招待状の作成例をご紹介します!

テンプレートのデザインに、画像をトップと末文の2箇所に設定しています。それだけで、自分たちオリジナルの招待状の完成!トップの画像は動画にすることも可能です。

招待状の一番下には、出欠回答フォームにつながるボタンが。縦長でシンプルなWEB招待状になっているので、ボタンの見落とし等の心配はありません。

出欠回答フォームはシンプルに。名前・ふりがな・メールアドレスは必須事項ですが、その他の回答欄は「必須」「任意」「非表示」から選べ、カスタマイズできますよ。

事前決済を利用する場合、回答フォームの一番下に決済画面が表示されます。ゲストは「Web決済」「当日のお渡し」を任意で選択でき、金額から支払い方法までを設定します。

いただいた会費・ご祝儀は結婚式当日までに振り込んでもらうことも可能。新郎新婦の負担を少なくできる事前決済機能、ぜひ使ってみてください!

オリジナルWEB招待状を作って結婚式を盛り上げよう!

簡単に作成できて、便利な機能が豊富で、そしておしゃれなWEB招待状。新郎新婦にもゲストにも嬉しいメリットがたくさんありますよね。

使う写真や文章などを工夫すれば、自分たちらしい、自分たちだけのオリジナル招待状を作成できます。

ぜひWEB招待状を作って、あなたの結婚式を盛り上げていきましょう!