結婚式の招待状

2020年秋最新!【オンライン結婚式】での失礼のない招待状の送り方

コロナ時代の新しい結婚式の形として、オンライン結婚式が注目を浴びています。

リアル結婚式とは違った形のため「招待状を送るべきか?また、どうやって送るべきか?」と悩んでいる新郎新婦もいらっしゃるのではないでしょうか?

本記事では、オンライン結婚式を開催するときの招待状の送り方をご紹介します。

結婚式の招待状は「Biluce」でラクラク作成しませんか?

「招待状を作成したいけど、手作りするのは面倒…」
「出欠管理や決済まで使えるツールで管理したい…」

そんな方は完全無料で使えるWEB招待状ツール「Biluce」がおすすめ。WEB上で作成した招待状をLINEやSNSで送るだけでラクラク管理♪

BiluceでWEB招待状をつくる

オンライン結婚式とは

オンライン結婚式とは、ZOOMなどのビデオ通話システムを使ってオンライン上で開催する結婚式のことです。「リモート婚」や「WEB婚」と呼ばれることもあります。

オンライン結婚式であれば、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染を懸念されている方でも安心して参加する事が可能です。

またゲストは会場まで出向く必要はなく、スーツ・ワンピースの用意が不要だったり、ホスト側も費用を抑えられたりなどリアル結婚式とは違うメリットもございます。

ただ、コロナ拡大の影響を受けて急速に知名度を上げた結婚式スタイルですので、準備の進め方やゲストの招待の仕方などがいまいちわからない人も多いでしょう。

オンライン結婚式については以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:結婚式もリモートに。新たなスタイル【オンライン結婚式】とは?

オンライン結婚式への招待はどうする?

オンライン上で開催する結婚式のため、どのようにゲストを招待したらいいのでしょうか?ここでは、オンライン結婚式への招待に関する疑問にお答えします。

招待状は送るべき?

オンライン結婚式はどちらかと言えばカジュアルな結婚式のイメージですが、招待したい相手にはきちんと招待状を送ってあげましょう。招待状を送ることで、ゲスト側も「お呼ばれ感」が出てきます。

リアル結婚式と同じ紙の招待状を送るのはもちろん、後に紹介するWEB招待状を送るのもいいですね。

ご祝儀・会費はもらえるの?

オンライン結婚式におけるご祝儀・会費の考え方は人それぞれ。主に3つのパターンに分けられます。

  • WEB決済などを利用してご祝儀をもらう
  • 会費制にし、ゲストにチケットを購入してもらう
  • ご祝儀も会費も受け取らない

ご祝儀は祝意を表すために送るもの。オンライン上での開催だとしても「おめでとう」の気持ちをゲストから受け取ることは可能です。

ただ、人によっては「会場に招待しないのだから」といった理由で、ご祝儀をもらうことを躊躇する人もいるでしょう。そんな人はご祝儀を受け取らない、会費制にするなどの選択もできます。

ご祝儀・会費をもらう場合には、引出物や内祝いを宅配で送るといいですね。

オンライン結婚式にはWEB招待状がスムーズ!

オンライン結婚式の招待状を送るなら、WEB招待状がおすすめ!出欠管理機能や事前決済機能が付いているWEB招待状であれば、ゲスト側の手続きをすべてオンライン上で済ませることができます。

WEB招待状のメリット・デメリットと、招待状に記載しておきたい内容を見ていきましょう。

WEB招待状のメリット・デメリット

WEB招待状には4つのメリットと2つのデメリットがあります。

【メリット】

  • 招待状を送る手間・返信する手間がかからない
  • 紙の招待状よりも費用を抑えられる
  • デザインが豊富でオリジナルの招待状も作れる
  • 住所がわからなくてもLINEやメールアドレスさえわかれば招待状を送れる。

一番のメリットはなんといっても手間がかからないこと。

紙の招待状の場合、ゲストの住所を聞いたり、宛名書きをしたり、返信用ハガキを用意したりしなければいけません。WEB招待状であれば、豊富なテンプレートから好きなデザインを選んで招待状を作成し、ボタン1つでゲスト全員に送信するだけ。費用もかなり抑えられるのです。

さらにゲストからの返信内容(出欠情報・アレルギー情報)などもわざわざ転記してリスト化する手間もなくなります。

【デメリット】

  • インターネット環境がないゲストには送れない
  • 紙の招待状の方がよりフォーマルな印象

インターネット環境がないゲストにはWEB招待状を送れません。現代においてインターネット環境を持たない人はごく稀ですが、中にはスマホやPCの操作が不安な人もいるでしょう。

また昔ながらの形式にこだわり、格の高いフォーマルウェディングを求めている人にとっては、WEB招待状はカジュアルすぎると感じるかもしれません。

やはりこのご時世ですから、WEB招待状を送っても「仕方ないよね」「この方がありがたい」と受け入れてくれるゲストもたくさんいらっしゃいます。

ただ、そうは言っても結婚式の招待状はゲストに失礼のないように送りたいもの。失礼にならずに送るにはどうすればいいのでしょうか?

WEB招待状・紙の招待状の送り分けも検討しよう

同僚や同級生、友達など日頃からカジュアルなお付き合いをしているゲストには、WEB招待状を送りやすいですよね。しかし両家両親や親族の方、さらに会社の上司など、目上の方に対してWEB招待状を送るのは、躊躇するかもしれません。

そこで、WEB招待状と紙の招待状をゲストによって送り分けて見るのはいかがでしょうか?

友達ならWEB招待状、親族や上司には紙の招待状と送り分ければ、WEB招待状のメリットを活かしつつ、デメリットも補えます。すべて紙の招待状にするよりかは費用面も抑えられますよ。

オンライン結婚式の招待状に記載しておきたいこと

WEB招待状はカジュアルゆえに、記載事項の抜け漏れが多くなりがち。また紙の招待状とは違った形式なので、オンライン結婚式に関する特記事項も必要です。

WEB招待状には必ず次の項目を記載しておきましょう。

  • 挨拶文
  • オンライン上でビデオ通話システムを利用して開催する旨
  • リアルではなくオンライン結婚式を選んだ理由(「コロナ禍の影響により」など)
  • オンライン挙式・披露宴の開催日時、使用ツール
  • 出欠確認フォーム

また、結婚式のスタイルに合わせて次のような項目も追加すると親切です。

  • 新郎新婦のプロフィール
  • ゲストが服装に迷う場合:ドレスコードの指定
  • ゲストにお食事を宅配する場合:アレルギーの有無
  • ご祝儀や会費を受け取る場合:事前決済フォーム

失礼にならないWEB招待状の送り方

WEB招待状を送るなら、たとえ友達のゲストでも失礼にならないようにしたいですよね。

まずWEB招待状の送り方はURLやQRコードなどさまざまですが、「何も言わずにLINEにURLを貼って送る」…なんてことはしないようにしましょう。突然URLが送られてきたらびっくりしますし、正体がわからないURLはタップしたくありませんよね。きちんと「結婚します」と丁寧な文面を添えて送ってくださいね。

またWEB招待状はまだあまり知られていないため、送られてきたものが結婚式の招待状であると認識できず、放置してしまうゲストもいます。きちんと招待状である旨を伝え、出欠の回答をもらうときも丁寧に尋ねるようにしましょう。

どちらかと言うと「WEB招待状を送ること自体」は失礼にはなりませんが、送る前・送った後の対応で相手に失礼と思われることが多いです。「親しき中にも礼儀あり」として、真心を持って対応しましょう。

WEB招待状の使い方についてはこちらの記事でもご紹介していますので、合わせて確認してみてください!

参考:結婚式でWeb招待状は失礼?メリット・デメリットと最適な使い方をご紹介

オンラインで完結するWEB招待状を活用してみよう!

オンライン結婚式とWEB招待状は時間・費用の節約になります。それだけでなく、結婚式の準備にまつわるあれこれをオンラインで完結できるため、コロナ感染の心配も有りません。

もちろん、WEB招待状はオンライン・リアルどちらの結婚式でも利用できる優れもの。自分たちらしい結婚式にするために、ぜひともWEB招待状を活用してみましょう!

WEB招待状「Biluce」でラクラク出欠管理!

「招待状を作成したいけど、手作りするのは面倒…」
「出欠管理や決済まで使えるツールで管理したい…」

そんな方は完全無料で使えるWEB招待状ツール「Biluce」にてWEB招待状を作成しませんか?WEB上で作成した招待状をLINEやSNSで送るだけでラクラク管理。

招待状作成以外にも「出欠確認」「事前決済」「リマインド機能」など、結婚式の準備に便利な機能がたくさんあります。ぜひご活用ください。

BiluceでWEB招待状をつくる