結婚式の招待状

【コロナ対策】受付・決済はリモートで!安心・安全な結婚式を開催するための選択肢

コロナ禍により結婚式をやむなく延期や中止にしていたカップルも、現在は感染症対策を行いながら、改めて開催する動きが見られるようになりました。

そこで少しでも感染リスクを抑えるためにホスト側ができることは、受付・決済をリモートで済ませられる体制を作ることです。

今回はコロナでも低リスクな結婚式を開催する方法をご提案します。

結婚式の招待状は「Biluce」でラクラク作成しませんか?

「招待状を作成したいけど、手作りするのは面倒…」
「出欠管理や決済まで使えるツールで管理したい…」

そんな方は完全無料で使えるWEB招待状ツール「Biluce」がおすすめ。WEB上で作成した招待状をLINEやSNSで送るだけでラクラク管理♪

BiluceでWEB招待状をつくる

結婚式の当日受付のリスクと対策方法

実は、結婚式で感染のリスクが高いのは不特定多数の人と接触する受付です。

受付会場は式場や披露宴会場ほど広くない場合が多く、人が集まれば密閉・密集・密接を避けられません。当日受付により3密が生まれてしまい、接触感染・飛沫感染のリスクが高まるのです。

それでも結婚式の受付は避けられないもの。まずは当日受付のリスクと対策方法を見ていきましょう。

接触感染によるリスクと対策

受付時にご祝儀を手渡ししたり、同じペンを使って名前を書いたりすることで、接触感染を引き起こす可能性があります。またゲスト同士の握手による接触もあるでしょう。

受付時の接触や混雑を避けるためには、事前決済サービスなどを利用して極力受付を簡素化・スムーズ化しましょう。

ゲスト同士の接触を避けるために距離を開けて並んでいただくことや、受付が終わった方を広いスペースにご案内する他、握手などの接触は控えるようにアナウンスする必要もあるでしょう。

またゲストがドアノブを触らないよう、常に開いた状態にするか、スタッフが開け閉めをするなどの工夫があると安心です。

飛沫感染によるリスクと対策

結婚式では久しぶりに会う友達や親族もいて、会話が弾みやすいですよね。スタッフとゲストが会話する場面もあるでしょう。

飛沫感染によるリスクを抑えるには、まず会場選びが重要です。アクリルパーテーションなどで受付や待合スペースが区切られており、しっかり衛生対策をしている会場やお店を選びましょう。

またゲストのおしゃべりやスタッフとの会話を禁止するのは非現実的。そこで、ゲストもスタッフもマスク着用を徹底し、ソーシャルディスタンスを保った待合スペースや座席配置をしましょう。

事前決済サービス+出欠管理サービスで密を回避!

当日受付での感染リスクをグッと抑るには、事前決済サービスと出欠管理サービスを利用するのがおすすめです。

事前決済サービスとは、ゲストにご祝儀や会費をWEB上で事前に決済してもらうサービスのこと。

パーティ前にご祝儀や会費を支払っておけるので、ご祝儀袋の購入や新札の用意、受付でのお金のやり取りの手間が省けます。クレジットカードでの決済も可能なため、結婚式が重なりやすい時期の出費をコントロールできるのもゲストにとっては嬉しいポイントですね。

中にはホストが事前にご祝儀や会費を受け取れるサービスもあり、結婚式費用に充当したり、ご祝儀額に合わせたお返しを用意できたり、ホスト側にもメリットが多いのです。

そして出欠管理サービスは、結婚式の出欠席の連絡をWeb上で完結できるサービスです。WEB招待状と紐付けることで、ゲストは招待状の返信ハガキを郵送する手間を省け、ホストも「友達の住所がわからない!」という事態にも対応できます。

どちらもオンラインで完結できるため、当日受付を廃止しても問題ありません。当日の流れを簡略化・スムーズ化することで、ゲストはストレスなく結婚式に参加できるでしょう。

オンライン結婚式という選択肢も

「結婚式は挙げたいけど、やっぱり感染リスクのことを考えると……」

そういうカップルには、オンライン結婚式という選択肢もあります。オンライン結婚式とは、ビデオチャットサービスを使って非対面で行う結婚式です。

ゲストは会場に集まりませんが、代わりにビデオチャットサービスで会場とゲストを繋ぎ、挙式や披露宴を行います。

配信内容はそのカップルによりますが、誓いのキスやケーキ入刀、両親への手紙など、結婚式の“定番”の演出を行うことも可能です。

参考記事:[結婚式もリモートに。新たなスタイル【オンライン結婚式】とは?]

コロナ禍でも低リスクな結婚式開催の流れ

では、安心して結婚式を開催するには、どんな流れで準備を進めてればいいのでしょうか?

ここではコロナ禍でも低リスクな結婚式を行うための流れをご紹介します。しっかり感染症対策を行いつつ、結婚式の準備や当日を楽しみましょう!

1.感染症対策を徹底している会場選び

会場選びは結婚式準備の醍醐味でもあります。人生で最高の日にするために、理想の会場で式を挙げたい人も多いですよね。

コロナ禍で結婚式を挙げるなら「感染症対策を徹底している会場」を条件にしましょう。ホストもゲストも安心して式や披露宴を執り行うには、この条件が欠かせません。

また、ガーデンウェディングなどのオープンスペースでの開催も検討してみてください。ひらけた場所であれば感染リスクを抑えられ、なおかつ室内とは違った魅力があります。

2.プランナーとオンラインで打ち合わせ

プランナーと打ち合わせをするために何度も外出し、ホスト側が感染してしまっては元も子もありません。プランナーとの打ち合わせは、なるべくオンラインで行いましょう。

最近はZOOMなどの無料で利用できるビデオチャットサービスが充実しています。画面共有機能のあるサービスなら、資料を見ながら、イメージ画像を見せながらの打ち合わせもできますよ。

3.招待状での来店時の事前告知

ゲストに安心して結婚式に参加してもらうために、招待状には感染症対策の内容を明記しましょう。

<例>
当日 会場では以下の対策を徹底してまいります
1. アルコール消毒液の設置
2. 館内消毒・換気・広めの席配置
3. サービススタッフの検温・マスクの着用
4. 受付の廃止(事前決済・出欠管理サービスをご利用ください)
ご列席のゲスト様におかれましても、大変恐縮ではございますが
マスク着用でのご参加をお願い致します
皆様の安心と安全が第一だと思っておりますので
体調等ご不安な方はご遠慮なくご連絡ください

こうした記載があれば、コロナが心配で参加を迷っている方も安心して出席できるようになります。

4.オンラインでも参加できる環境を整える

結婚式にどうしても参加してほしい人がいるけど、事情により出席が難しい場合も。そんなときのために、オンラインでも参加できる環境を整えてあげるといいですね。

具体的には前述した「オンライン結婚式」と同じような形で、ビデオチャットサービスを使ったオンライン中継を行います。

双方向型のオンライン中継であれば、出席できなかったゲストも他のゲストと交流できたり、結婚式の様子を楽しんだりできます。

“対面”とオンラインによる“非対面”をうまく使い分けてみてください!

5.事前決済サービス+出欠管理サービスを利用し当日受付を廃止

受付の混雑や感染リスクを抑えるため、事前決済サービスと出欠管理サービスを利用し、当日受付を廃止してみましょう。

事前決済サービスや出欠管理サービスは、オンライン上で当日受付の流れをすべて完結させられる便利なサービス。当日受付がなくても、ゲストは問題なく結婚式に参加できるのです。

ビルーチェのWEB招待状には、事前決済サービスと出欠管理サービスが付いています。Web上で招待状を作成し送信したら、出欠の返事を待ち、事前決済をしてもらうだけ。ホスト側の出欠管理も楽々です。

6.感染症対策をしつつ結婚式を楽しむ

結婚式をめいっぱい楽しむためには、当日の感染症対策も徹底しましょう。

マスクの着用を推奨し「握手・お酌はご遠慮ください」などの定期的なアナウンスをすることで、ゲスト同士の接触機会を減らします。

またアルコール消毒液を各テーブルに設置したり、プログラムを短縮したりと、うまく工夫をしていきましょう。

そしてもちろん、ホスト自身が結婚式を楽しむことを忘れてはいけません!

まとめ

コロナ禍で結婚式を開催するのに不安を感じているカップルも多いかもしれません。

しかし今、コロナと共に生きる「With コロナ」の時代の幕が開けようとしています。今後はコロナとうまく付き合いながら、やりたいことを実現してく時代になるのです。

結婚式での当日受付を廃止し、受付・決済をリモートで行えば、感染リスクは抑えられるでしょう。誰もが安心して結婚式に参加できるように、新たな選択肢として検討してみてください。

WEB招待状「Biluce」でラクラク出欠管理!

「招待状を作成したいけど、手作りするのは面倒…」
「出欠管理や決済まで使えるツールで管理したい…」

そんな方は完全無料で使えるWEB招待状ツール「Biluce」にてWEB招待状を作成しませんか?WEB上で作成した招待状をLINEやSNSで送るだけでラクラク管理。

招待状作成以外にも「出欠確認」「事前決済」「リマインド機能」など、結婚式の準備に便利な機能がたくさんあります。ぜひご活用ください。

BiluceでWEB招待状をつくる