結婚式の招待状

結婚式もリモートに。新たなスタイル【オンライン結婚式】とは?

アフターコロナの新たな結婚式のスタイルとして、「オンライン結婚式」がいま人気を博しています。

2020年6月には、お笑いコンビ・バンビーノの藤田さんがオンライン結婚式を挙げたというニュースが報じられたことで、一度は耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

では、オンライン結婚式とは一体どのようなものなのでしょうか。概要についてみていきましょう。

結婚式の招待状は「Biluce」でラクラク作成しませんか?

「招待状を作成したいけど、手作りするのは面倒…」
「出欠管理や決済まで使えるツールで管理したい…」

そんな方は完全無料で使えるWEB招待状ツール「Biluce」がおすすめ。WEB上で作成した招待状をLINEやSNSで送るだけでラクラク管理♪

BiluceでWEB招待状をつくる

オンライン結婚式は、”非対面”で行う「新しい結婚式のカタチ」

オンライン結婚式(リモートウェディング・ZOOM結婚式)とは、パソコンやスマートフォンのビデオチャットサービスを使って”非対面”で挙式や披露宴を行うという、まったく新しい結婚式のカタチです。

とはいえ、結婚式は新郎新婦にとって一生に一度の晴れ舞台とも言われる記念すべき場所。そのようなおめでたい席を、どうして”非対面”で行わなければならないのでしょうか。

その理由は、2020年2月以降、世界中を恐怖の渦に陥れ、今なお猛威を振るい続けている新型コロナウイルス(COVID-19)の感染予防対策のためです。結婚式では、密閉・密集・密接の3密が避けられません。その影響により、結婚式の延期や中止を余儀なくされたカップルは、実に17万組にも及ぶという調査すらあります。

「それでも、愛する人とどうしても早く式を挙げたい」

「ソーシャルディスタンスを守りつつ、式を挙げる方法はないのか」

そこで白羽の矢が立ったのが、オンライン結婚式だったというわけです。

オンライン結婚式のメリット・デメリットとは?

オンライン結婚式を行う目的のひとつであり最大のメリットは、やはり新型コロナウイルスの感染リスクを限りなくゼロにできることにあります。

また、オンライン結婚式なら、かかる費用を大幅カットすることができます。

本来、結婚式に必要な費用はトータルで約320万円が相場と言われており、非常に高額です。

一方でオンライン結婚式には、プロデュース会社や式場が提供するサービスを利用するケースと、すべて自分たちで準備するケースのふたつがありますが、仮に業者に委託した場合でも20万~100万円程度。当然、自分たちで準備すれば費用はもっと安く抑えられます。

金銭的な問題によって結婚式を挙げることを諦めていた人にとっても、オンライン結婚式は心強い味方となってくれるはずです。

ただし、オンライン結婚式にもデメリットは存在します。

最も懸念される問題は、やはり“結婚式らしさ”が希薄になってしまうということでしょう。

結婚式と聞くと、和風、洋風の違いはありますが、どちらにせよ新郎新婦は美しい衣装を身にまとい、家族や友人など大勢の来賓者に囲まれながら華やかな雰囲気のなかで執り行われるものというイメージがあります。

ただ残念ながら、オンライン結婚式ではどうしてもそうした臨場感には欠けてしまいます。本当に自分たちがやりたい結婚式はどのようなものなのか。開催の決定には細心の注意を払って絶対に後悔のないようにしてください。

もうひとつ。オンライン結婚式はネット環境がないと参加できないという大前提をしっかりと頭に入れておきましょう。

ご高齢の人など、オンライン環境が整っていないところへは事前に対策を練っておくといった準備も必要です。

幸せな空間を分かち合いたいなら「双方向型」がおすすめ!

オンライン結婚式には、大きくわけて2パターンの配信方法があります。

  • YouTubeなどの「一方向型
  • Zoom等を使った「双方向型

それぞれ、解説していきます。

まず、YouTubeなどの「一方向型」は、その名の通り配信者が一方的に情報を発信するという配信方法のことです。言い換えれば、「配信中にゲストの発言を求めない配信方法」ということになります。よって、オンライン結婚式というよりも、“オンライン結婚発表会”というイメージでしょうか。

もちろん、「二人の幸せな瞬間を動画で皆に見てもらいたい」というコンセプトであれば一方向型でも差し支えないでしょう。しかし、挙式という雰囲気ではありません。

対して、Zoom等を使った「双方向型」では、コンテンツのなかでゲスト同士の交流を楽しんだり、コミュニケーションを取ったりして、参加者全員で最高の瞬間を共有し合うことができます。

やはり、新郎新婦が主役となり、参加者全員が一体となって彼らを祝福するというのが、本来の結婚式を行う上での最大の魅力ではないでしょうか。

配信者によってオンライン結婚式の内容は異なりますが、ケーキ入刀や両親への感謝の手紙、そして誓いのキス――など、その場にいる全員が泣き、笑い、感動を分かち合うのが結婚式の一番の見どころであり醍醐味です。リアルであろうとオンラインであろうと、結婚式という場所で生まれる特別な一体感に変わりはないはずです。

そのため、ほとんどのオンライン結婚式業者は、双方向型の挙式プランを用意しています。

当然、オンライン結婚式は必ず双方向型で行わなければならないというわけではありません。まずは、新郎新婦のお二人でどのようなコンセプトにしたいかをしっかりと話し合あった上で配信方法を決めるのが最善だと思います。

人気のオンライン配信ツール・サービスまとめ

最後に、オンライン結婚式で使える人気のオンライン配信ツール・サービスをご紹介します。それぞれ、料金・時間・人数が異なりますので、式の内容や規模によって最適な方法を模索してください。

 

・ZOOM

利用料金:無料(基本プラン)

利用時間:3人以上の場合は40分まで(有料プランなら24時間)

利用人数:100人

配信方法:双方向型

コメント:近年、会議や飲み会などでも用いられ、爆発的に利用者が増えているZOOMは、オンライン結婚式でも有用です。ゲストはアカウントがなくても参加することができるため、気軽に人を呼ぶことができるのも魅力です。

 

LINE

利用料金:無料

利用時間:無制限

利用人数:最大200人

配信方法:双方向型

コメント:言わずと知れたコミュニケーションツールであるLINE。グループを作ってビデオ通話を行うだけなので、アカウントさえ知っていれば気軽にゲストを呼ぶことができるのが優れた点です。

 

Messengerルーム

利用料金:無料

利用時間:無制限

利用人数:最大50人

配信方法:双方向型

コメント:主催者が「Facebook」または「Messenger」からルームを作成。ゲストはアカウントがなくても参加することができます。ビジネスツールとして活用している人も多いサービスですので、より気軽にはじめられるのも強みでしょう。

 

Skype

利用料金:無料

利用時間:無制限

利用人数:最大50人

配信方法:双方向型

コメント:「ZOOM」が登場する以前のビデオチャットサービスの代表と言えば「Skype」でしょう。一般電話や携帯電話にも発信できるため、非常に使い勝手が良いというメリットがあります。

 

YouTube

利用料金:無料

利用時間:動画を投稿する場合12時間以内、128GB以内

利用人数:無制限

配信方法:一方向型

コメント:「YouTube Live」という配信サービスを利用することでリアルタイムの結婚式を配信することができます。基本的には一方向型の配信方法なので、用意しておいたウェディング動画の公開などに最適です。

 

まとめ

  • オンライン結婚式は、”非対面”で行う「新しい結婚式のカタチ」です
  • 新型コロナウイルスの影響によって、結婚式の開催を諦めざるを得なかった人々から一躍注目の的になりました
  • コロナ感染予防や安価な挙式の開催にも非常に有用です
  • 従来の結婚式というステレオタイプからはかけ離れているため、理想の結婚式像をしっかりと抱いている人には向かない可能性もあります
  • 双方向型の配信方法なら結婚式の感動を参加者全員で分かち合うことができます

オンライン結婚式は、令和の時代に生まれたまったく新しい結婚式のあり方です。現在は、新型コロナウイルスの感染予防としての側面が強いですが、今後、知名度が上がるにつれてよりポピュラーな存在になっていくかもしれません。これからの動向に目が離せません。

WEB招待状「Biluce」でラクラク出欠管理!

「招待状を作成したいけど、手作りするのは面倒…」
「出欠管理や決済まで使えるツールで管理したい…」

そんな方は完全無料で使えるWEB招待状ツール「Biluce」にてWEB招待状を作成しませんか?WEB上で作成した招待状をLINEやSNSで送るだけでラクラク管理。

招待状作成以外にも「出欠確認」「事前決済」「リマインド機能」など、結婚式の準備に便利な機能がたくさんあります。ぜひご活用ください。

BiluceでWEB招待状をつくる