結婚式の招待状

結婚式の招待状はいつ出すべき?時期の目安と失敗例から学ぶ最適な時期

結婚式の予定が決まったら、いつ招待状を出すのが正解か気になりますよね。

親族や友人、職場の人など立場や関係性の違う相手を招待するわけですから、早すぎても遅すぎても相手を戸惑わせます。

こちらの記事では、結婚式の招待状について以下のように解説しますので、ぜひ招待状の発送に役立ててくださいね。

結婚式の招待状はいつ出すのがいいの?
いつ招待状を届けるかは方法によっても違う?
招待状の発送時期に関する失敗例⇔成功例から学ぼう!

最後まで読んでいただければ、初めての招待状でもベストタイミングで発送できますよ。もし、急きょ結婚式が決まった場合でもご安心を!タイムリミットだけでなく、おしゃれに手早く発送できる方法もわかりますよ。

結婚式の招待状は「Biluce」でラクラク作成しませんか?

「招待状を作成したいけど、手作りするのは面倒…」
「出欠管理や決済まで使えるツールで管理したい…」

そんな方は完全無料で使えるWEB招待状ツール「Biluce」がおすすめ。WEB上で作成した招待状をLINEやSNSで送るだけでラクラク管理♪

BiluceでWEB招待状をつくる

結婚式の招待状はいつ出すのがいいの?

結婚式の招待状は、ゲストの準備も考えて1~3か月前までに出すのが一般的です。ここでは発送の目安を解説しますので、結婚式の規模や時期、ゲストとの関係性などによって最終的に判断しましょう。

●万全の準備のためなら2~3か月前がベスト
●事前に連絡などしてるなら1~2か月前でもOK
●小規模で限られたゲストだけなら1か月前でも◎
●急きょ決まった結婚式でも1か月前がリミット

それぞれのケースごとに理由を詳しく見ていきましょう。

万全の準備のためなら2~3か月前がベスト

ゲストの都合はもちろんカップルのスケジュールも考えたら、結婚式への万全の準備のためには2~3か月前の発送がベストです。

ゲストにとっては式日の予定を空けたり、休日申請をしたりなどが必要です。ほかにも、子供を預けなければならないかもしれませんし、ご祝儀の用意や美容院の予約などあります。

カップルにとっては、出欠の返事をもらってゲスト表を作成したり、会場へ連絡をして料理の手配など準備の仕上げをしたりしなければなりません。

つまり、ゲストにとってもカップルにとっても、招待状の発送によって始まる準備が生じるため、余裕をもって運ぶには2~3か月前が理想なのです。

事前に連絡などしてるなら1~2か月前でもOK

招待状を送る前に結婚式の日時や場所などを大まかにでも連絡をしているなら、1~2か月前でも失礼にはあたりません。ただし、最初に伝えてから時間を空けすぎるのはよくないです。

相手が日時を忘れてしまったり、「いつ招待状をくれるのかな?」と不安になったりするためです。事前に伝える場合でも2~3か月前を目安に知らせておき、1か月以内には招待状を出すようにしましょう。

小規模で限られたゲストだけなら1か月前でも◎

たとえば、「親族だけ」「親族と数名の友人だけ」「親しい人だけ」など限られたゲストを招待し、小規模の結婚式を挙げるなら1か月前でもよいでしょう。

カップルにとっては結婚式まで準備に手間取ることが少ないためです。もちろんゲストの準備もありますから、招待状を送る前に電話などで招待しておくことは大切。

時期が迫っているのであれば、出欠も事前に確認することをおすすめします。

急きょ決まった結婚式でも1か月前がリミット

カップルに予定はなくても、「親にすすめられた」「祖父母に懇願された」「どうしても感謝を伝える場を設けたくなった」などの理由で、急きょ結婚式を挙げることになった場合でも1か月前をリミットにしましょう。

結婚式の日時と場所が決まったら、すぐにでも招待するのが丁寧です。招待状を発送するだけでなく、「急なことでご面倒お掛けしますが…」などとお詫びの言葉を添える心遣いもお忘れなく。

いつ招待状を届けるかは方法によっても違う?

近頃は、結婚式のスタイルが幅広いため、招待状の方法もさまざまです。ここでは、招待状の方法ごとに適切なタイミングを見ていきましょう。

●紙での招待状なら2~3か月前が一般的
●手渡しでの招待なら1~2か月前でも◎
●WEB招待状なら1か月前までに送信を

それぞれのパターンを具体的に見ていきましょう。

紙での招待状なら2~3か月前が一般的

これまでの定番スタイルである紙の招待状を送るなら、2~3か月前の発送が一般的です。紙の招待状には返信ハガキを同封するためです。

ゲストの返信期日は1か月ほどで設けますが遅れる場合があります。カップルは出欠をまとめてギフトや引き出物の手配、式場への最終報告など行う必要がありますので、時間にゆとりをもって発送しましょう。

手渡しでの招待なら1~2か月前でも◎

招待状を手渡しし、その場で出欠の確認をするなら1~2か月前でも遅いことはありません。ただし、ゲストの都合や準備を考えれば事前に結婚の報告をし、だいたいの時期を伝えておくことはマナーです。

「招待状ができたら直接お渡しに伺います」と伝えておくことも大切。結婚式で挨拶やスピーチをしてもらう相手なら、カップル揃って届けると丁寧な印象を与えます。

WEB招待状なら1か月前までに送信を

もし、「仲のいい友人だから」「急きょ決まったから」「カジュアルな結婚式だから」という理由でWEB招待状を送る場合も、1か月前までには送信をしましょう。

WEB招待状のアプリはいろいろありますが、「おしゃれなテンプレートが豊富」「結婚式の準備に役立つ機能がたくさん」なものをご希望ならBiluceをご利用ください。

メールはもちろん、LINEやFacebookへの発送も可能ですし、出欠管理から会費の入金確認まで便利な機能が揃っています。急な招待でもゲストに喜ばれるスタイリッシュなWEB招待状ですよ♪

BiluceでWEB招待状をつくる

招待状の発送時期に関する失敗例⇔成功例から学ぼう!

招待状の発送には厳密なルールがないため、カップルによって「早かった」「遅かった」の判断はマチマチです。ここでは、先輩ご夫婦の体験談をもとに、失敗例⇔成功例からヒントを探りましょう。

失敗例でわかったことは?

●1か月だと予定がギリギリで準備が諸々遅れてしまいました。
●1か月前に出そうとしていたら「まだ?」と友人に催促されました。
●授かり婚で2か月前の発送になりましたが、なんとか間に合いました。
●3か月前に出したら友人に「いつだったか忘れそうになった」と言われました。
●2か月前に発送しましたが、仕事をしながら他の準備もしないといけなくバタバタでした。

招待状の発送が早すぎると「忘れられる可能性がある」、逆に遅すぎると「早くちょうだい」と催促されたり、結婚の準備が慌ただしくなったりするということがわかりました。

成功例からわかったことは?

●出席者の予定を考えて3か月前にしてよかったです。
●デキ婚だったので電話で連絡してから1か月前には送りました。
●リゾート婚だったので事前に出欠を取り、詳細が決まってから1か月前に出しました。
●相手が有給休暇を取りやすいよう2か月前には発送しました。
●遠方の友人や子供のいる人のために3か月前に招待状を送りました。

招待状の発送だけで「早い」「遅い」というわけではなく、「事前の通知や準備ができているか」「状況に応じて早めたり遅めたり調整しているか」がカギになるようですね。

あなたのベストタイミングで結婚式の招待状を送ろう

結婚式の招待状を発送にふさわしい時期や時期の見極めはつかめましたでしょうか。これから招待状を作成するカップルも多いことでしょうから、簡単にポイントを振り返っておきましょう。

●結婚式の招待状は事前の準備に応じて適切な時期に発送する
●結婚式の招待状は結婚式のスタイルやゲストに合う方法で送る
●結婚式の招待状は失敗例と成功例を参考にしてベストな時期に発送する

ゲストに喜んでもらえるよう、結婚式の招待は時期や方法を考えて行いたいものです。ぜひ、こちらのこちらの記事を活用し、素敵な招待状でスマートな招待をしてくださいね!

WEB招待状「Biluce」でラクラク出欠管理!

「招待状を作成したいけど、手作りするのは面倒…」
「出欠管理や決済まで使えるツールで管理したい…」

そんな方は完全無料で使えるWEB招待状ツール「Biluce」にてWEB招待状を作成しませんか?WEB上で作成した招待状をLINEやSNSで送るだけでラクラク管理。

招待状作成以外にも「出欠確認」「事前決済」「リマインド機能」など、結婚式の準備に便利な機能がたくさんあります。ぜひご活用ください。

BiluceでWEB招待状をつくる