結婚式の招待状

結婚式二次会へ招待する平均時期とおすすめの招待方法・招待状ツール

結婚式二次会を開催するなら、招待の時期にも気をつけましょう。

時期が早過ぎるとゲストの予定が立ちにくく出欠の返事がしづらいですし、遅過ぎるとゲストの準備に支障が出るためです。

こちらの記事では、結婚式二次会の招待について以下の解説をします。

結婚式二次会に招待する時期はいつがいい?
結婚式二次会に招待するベストな方法は?
すぐ結婚式二次会の招待状を作るなら文例を活用!

ぜひ、結婚式二次会の招待がスムーズに運ぶよう最後までお読みくださいね。もし、招待の時期が迫っていても大丈夫!すぐに招待状を準備してスピーディーに発送できる方法もわかりますよ。

結婚式の招待状は「Biluce」でラクラク作成しませんか?

「招待状を作成したいけど、手作りするのは面倒…」
「出欠管理や決済まで使えるツールで管理したい…」

そんな方は完全無料で使えるWEB招待状ツール「Biluce」がおすすめ。WEB上で作成した招待状をLINEやSNSで送るだけでラクラク管理♪

BiluceでWEB招待状をつくる

結婚式二次会に招待する時期はいつがいい?

結婚式二次会への招待は3か月~1か月前に行うのが一般的です。二次会の運営の仕方によって時期を選ぶ場合もありますし、時期によって招待の方法を変える場合もあります。

●招待のベストタイミングは2~3か月前
●二次会の予定が立てやすいのは1か月前
●急遽決まったら可能な限り速やかに

それぞれ時期と招待の運び方などを詳しく見ていきましょう。

招待のベストタイミングは2~3か月前

結婚式の招待状と合わせて二次会への招待をするなら、2~3か月前がベストタイミングです。結婚式への出席を予定しているゲストに二次会の開催が伝わり、準備やスケジュール立てなど調整しやすくなります。

また、カップル側にとっては二次会のゲスト数が把握しやすいため、ゲームや余興など内容を決めやすいというメリットも!

「披露宴に出席するので二次会は見送ろうかな」と考えるゲストもいるので、招待状を届ける前に「○○さんには二次会にも出席してほしい!」と伝えておくとよいでしょう。

二次会の予定が立てやすいのは1か月前

結婚式への出欠の期限を1か月前にするのが一般的なため、二次会の招待を1か月前にすると二次会のゲスト数が見積りやすくなります。カップル側としては、まず「結婚式のゲスト数を確定させ、予算にもとづいて二次会のゲスト数を考える」という運び方が可能に!

あらかじめ二次会のテーマを決めたり、会場の候補を絞ったりなどしておき、スムーズに詳細を確定して招待しましょう。もし、結婚式のゲストに「二次会は?」とたずねられたら、改めて招待状を送る旨を伝えるといいですよ。

カップルにとっては結婚準備で忙しくなる時期でもありますので、幹事を立てて二次会の運営を任せるのも選択肢のひとつです。

急遽決まったら可能な限り速やかに

さまざまな事情で二次会が急遽決まったのであれば、会場の手配から出欠管理までを迅速に行わなければなりません。すべてを幹事に任せるのであれば幹事を全面的にバックアップし、場合によっては代行業者に幹事を依頼する必要もあるでしょう。

ゲストに慌ただしさが伝わらないよう配慮し、どの方法で招待するにしても丁寧に通知して二次会の詳細を案内するようにしましょう。

結婚式二次会に招待するベストな方法は?

結婚式二次会の招待は、時期やゲストに合わせたベストな方法で行いましょう。おおまかに分けて3つの方法がありますので、具体的に解説します。

・便利でスマートなのはWEB招待状
・丁寧で相手を選ばないのは紙の招待状
・確実で出席を促しやすいのは口頭での招待

それぞれの特徴や適したケースなどを参考にしてくださいね!

便利でスマートなのはWEB招待状

指先ひとつで招待状の作成から出欠管理までができるWEB招待状。アプリに登録をして手順に沿って入力するだけの便利な方法です。結婚式の招待状を分けて発送できますし、二次会だけの案内にもぴったり。

\こんなケースにおすすめ/

・親しいゲストばかりの二次会
・カップルが主体となって運営する二次会
・開催まで2か月を切っている二次会

WEB招待状が作成できるアプリはたくさんありますが、「おしゃれで高機能で使いやすいもの」を探しているならメールやLINE、Facebookへの発送も可能なBiluceをご利用ください。

50種類以上のデザインテンプレートを備え、出欠管理ほか会費の入金確認までを網羅しています。忙しいカップルや急遽決まった二次会にも役立つWEB招待状ですよ!

Biluceで今すぐWEB招待状を作成する

丁寧で相手を選ばないのは紙の招待状

これまで通りの格式あるスタイルで招待するなら紙の招待状。はがきや封書で発送し、返信はがきで出欠を管理します。

業者に頼むとデザイン性が高くスピーディーに対応してくれますが、予算を抑えるため専用キットを購入して自作するカップルも多いです。相手にポスト投函の手間をかけさせたり、返信を忘れさせたりする可能性もあるため、時期が迫った二次会には向かないかもしれません。

\こんなケースにおすすめ/

・結婚式の招待状と一緒に発送する場合
・上司など目上のゲストを招待する場合
・相手にWEB招待状を受け取る環境がない場合

確実で出席を促しやすいのは口頭での招待

相手に確実に二次会の詳細を伝えられ、出席のお願いがしやすいのが口頭での招待です。その場で出欠の返事がもらえる可能性も高いのもメリット。

ただし、口約束なので相手が日時などを忘れてしまったり、会場の場所などを正確に伝えられなかったりするため、結局は紙素材での準備物が必要になります。カップル側の手間暇や出欠管理の負担を考えると、限られた相手だけへの有効な方法といえるでしょう。

\こんなケースにおすすめ/

・どうしても出席してほしい相手の出席率を上げる
・普段から頻繁に会う相手に紙の招待状と合わせて知らせる
・急遽決まった小規模の二次会をスピーディーに運営する

すぐ結婚式二次会の招待状を作るなら文例を活用!

結婚式二次会の招待時期が決まったら、招待文を作成しましょう。すぐ作成に取り掛かれるよう、ポイントをまとめています。

●招待状に必要な項目
●活用しやすい一般的な文例

招待の方法やゲスト層に合わせ、自由にカスタマイズして活用くださいね!

まず必要な項目をチェック!

◆開催日時
・開催する年月日と曜日
・受付時間と開始時間

◆会場名(ビル名、部屋名なども)

◆会場の詳細
・会場の名前
・住所(フロアの階数)
・電話番号
・ホームページと地図
・アクセス方法(最寄りの駅、バス停、徒歩○分などの距離感)
・駐車場の有無

◆会費
・男性○○○○円
・女性○○○○円

◆出欠の返信方法と締切日(到着2~3週間後を目安)

◆ドレスコード(あればテーマカラーや指定アイテムなども)

◆食物アレルギーの有無

◆連絡先
・幹事の名前
・電話番号やアドレスなど

◆結婚式二次会のタイトル(メールの場合)
・○○さん&□□さんの結婚式二次会
・○○&□□ Wedding Party

結婚式二次会に使える一般的な文例

このたび○○○○と○○○○は
○月○日に結婚式を挙げることになりました

つきましては 日頃お世話になっている皆様をお招きして
ささやかながら二次会パーティーを開催することになりました

ご多用中 誠に恐縮ではございますが
ぜひ ご出席をいただきたく ご案内申し上げます

************************

・日時:○○○○年○月○日(土) 17:00受付 17:30開宴
・会場:レストラン○○○
・場所:東京都○○区○○1-1-1 地下鉄○○駅○○口より徒歩○分
・詳細:URL
・地図:google map
・TEL:○3-○○○○-○○○○
・会費:男性 ○○○○円 女性 ○○○○円
※もしアレルギー食材がありましたら 事前にお知らせください
・服装:スマートカジュアルでお越しください

誠に恐縮ですが ○月○日までに○○にて
出欠などをご返信くださいますよう お願いいたします

************************

それでは 二次会でお会いできることを楽しみにしています

「結婚式二次会に初めて出席するゲスト」「結婚式二次会の会場に初めて訪れる人」にもわかるよう、簡潔かつ明確に情報を伝えましょう。

結婚式二次会へは時期を外さず招待しよう

結婚式二次会の招待時期や招待方法は決まりましたでしょうか。この後の準備や運用をスムーズにさせるため、記事の内容を簡単に振り返っておきましょう。

●結婚式二次会は招待の時期によって対応や方法に気をつける
●結婚式二次会の招待は時期などに応じた方法でスマートに行う
●結婚式二次会の招待状は文例を活用して丁寧に作成する

ゲストが楽しみにしてくれるよう、結婚式二次会へは時期や方法に配慮して招待したいものです。ぜひ、こちらの記事を活用し、スムーズな招待に生かしてくださいね!

WEB招待状「Biluce」でラクラク出欠管理!

「招待状を作成したいけど、手作りするのは面倒…」
「出欠管理や決済まで使えるツールで管理したい…」

そんな方は完全無料で使えるWEB招待状ツール「Biluce」にてWEB招待状を作成しませんか?WEB上で作成した招待状をLINEやSNSで送るだけでラクラク管理。

招待状作成以外にも「出欠確認」「事前決済」「リマインド機能」など、結婚式の準備に便利な機能がたくさんあります。ぜひご活用ください。

BiluceでWEB招待状をつくる